Treatment
目元を若々しく明るい表情に
目の下のふくらみ(クマ)取り・
たるみ取り
目の下のふくらみ(クマ)取り

About 当院の目の下のふくらみ(クマ)取りは

  • 「疲れて見える」目もとを明るく若々しく
  • 目立つふくらみを平らに
  • 適応は40代半ばまで
  • 切開しないため、ダウンタイムが短い

目の下のふくらみ(クマ)取りとは

下まぶたの裏側から結膜を数ミリ切開し、ふくらみやクマの原因となっている眼窩脂肪を除去してクマの改善を図る手術です。
眼窩脂肪は内側・中央・外側の3つのコンパートメントに分かれており、どこの脂肪をどれくらい除去するかが仕上がりを左右するため、医師の経験と技術が最も重要視されます。
お顔の表面には傷を一切つくりません。抜糸の必要もなく、腫れや痛みなどのダウンタイムも少ないため、当院でも人気の施術です。

5つのメリット

若返り効果
目の開きが改善したり、涙袋がはっきり際立つようになるため、疲れた印象がなくなり若々しい表情が目指せます。
ダウンタイムが短い
瞼の裏側からアプローチするため、皮膚表面に傷を作りません。そのため、術後の痛みや腫れといった負担も少なくなります。
効果は長期的※
一度除去した脂肪が、ふたたび増加することはありません。また、将来的な目の下のたるみの予防にもつながります。
※効果の持続には個人差があります。
手術は短時間で終了
手術は約20〜30分で完了します。通院も必要ないため、お急ぎの方はカウンセリング当日の手術も可能です。
予防効果もあり
皮膚のたるみが少ない若い年齢の時に眼窩脂肪を除去することで、目の下のたるみを遅らせる効果が期待できます。

Treatment plan 施術プラン

スタンダード
プレミアム
プラチナ

目の下の脂肪が少ない方に スタンダード

内側・中央・外側の3つのコンパートメントのうち、中央からのみ脂肪を除去します。

Merit メリット

  • 治療費用が安い
    ※当院の目の下のふくらみ(クマ)取りプランでの比較

Demerit デメリット

  • ふくらみが強い方には効果が弱い
  • 再発しやすい
モニター価格 77,000(税込)
通常価格 110,000(税込)
料金表はこちら

詳細情報

  • 治療時間:約20〜30分
  • 抜糸:必要なし
  • 入院:必要なし
  • 治療後の通院:必要なし
  • 腫れ・痛み:2日〜1週間程度
  • 内出血:1〜2週間程度
  • メイク・入浴・洗顔:翌日から可能
  • 洗髪・シャワー:翌日から可能
  • その他:コンタクトは3日後から使用可能

ふくらみが中程度の方に プレミアム

内側・中央・外側の3つのコンパートメントのうち、内側と中央から脂肪を除去します。

Merit メリット

  • 外側が膨らんでいなければ効果実感が高い
    ※個人差があります。

Demerit デメリット

  • 外側が膨らんできた場合は、再度手術が必要
モニター価格 154,000(税込)
通常価格 220,000(税込)
料金表はこちら

詳細情報

  • 治療時間:約20〜30分
  • 抜糸:必要なし
  • 入院:必要なし
  • 治療後の通院:必要なし
  • 腫れ・痛み:2日〜1週間程度
  • 内出血:1〜2週間程度
  • メイク・入浴・洗顔:翌日から可能
  • 洗髪・シャワー:翌日から可能
  • その他:コンタクトは3日後から使用可能

ふくらみが強い方に プラチナ

内側・中央・外側の3つのコンパートメントのうち、3カ所全てから脂肪を除去します。

Merit メリット

  • 再発の心配がない
  • ふくらみの強い方でも効果実感が高い
    ※個人差があります。
  • 1年保証付き
    ※診察により取り残しがあると判断した場合は無料で再手術

Demerit デメリット

  • 治療費がやや高額
モニター価格 220,000(税込)
通常価格 330,000(税込)
料金表はこちら

詳細情報

  • 治療時間:約20〜30分
  • 抜糸:必要なし
  • 入院:必要なし
  • 治療後の通院:必要なし
  • 腫れ・痛み:2日〜1週間程度
  • 内出血:1〜2週間程度
  • メイク・入浴・洗顔:翌日から可能
  • 洗髪・シャワー:翌日から可能
  • その他:コンタクトは3日後から使用可能

Reasons to be chosen 当院の目の下のふくらみ(クマ)が選ばれる理由

01

手術を行う医師も実際に体験しています


【施術名】目の下のふくらみ(クマ)取り
【施術の説明】 下まぶたの脂肪を除去する手術
【副作用・リスク】腫れ・痛み:2日〜1週間程度 内出血:1〜2週間程度
【施術の価格】70,000円(税込77,000円)〜300,0000円(税込330,000円)
院長の今村医師も、2020年にこの手術を体験しています。そのため自信を持って患者さまにおすすめできます。
02

受けやすい
リーズナブルな価格

リーズナブルな価格設定です。モニター制度を利用すると、より一層お得な価格で施術を受けていただくことができます。
03

経験豊富
約1,000件の症例

院長の今村医師は大手美容クリニックで3院の院長を歴任し、数多くのスタッフの目の下のふくらみ(クマ)取り手術を担当しました。
※2014年4月から2021年11月までの症例数
04

美容外科専門医
(JSAS)が執刀

院長の今村医師は美容外科専門医を取得しており、顔の解剖学的構造を熟知しています。効果的かつ安全な手術が期待できます。
05

他の施術と
組み合わせが出来る

「ブライツリフト(糸リフト)」「二重埋没法」「グラマラスライン(タレ目形成)」「ヒアルロン酸注入」「顔の脂肪注入」等を組み合わせることで、より一層若々しいお顔が目指せます。 組み合わせ事例はこちら

さらに安心してお受けいただくために

  • 事前のカウンセリングで施術内容をしっかりご説明します
  • 術後の腫れが少ない手術方法を採用しています
  • どこの脂肪をどのくらいの量除去するのか配慮します
  • 脂肪注入で、目の下の凹凸をさらになめらかにすることも可能です

Combination 目の下のふくらみ(クマ)取りとの組み合わせ施術

※組み合わせ施術が可能かどうかは、医師が診断します。

目を大きく魅力的にしたいなら


目の下のふくらみ(クマ)取り

二重埋没法
or

グラマラスライン
(タレ目)形成

お顔全体を若々しくしたいなら


目の下のふくらみ(クマ)取り

ブライツリフト
(糸リフト)
or

ヒアルロン酸注入・
脂肪注入
目の下のたるみ取り

About 当院の目の下のたるみ取りは

  • 目の下のブヨブヨしたたるみが軽減される
  • 「疲れて見える」「老けてみえる」目もとを明るく若々しく
  • 目立つ目の下の皮膚の余ちとふくらみを治療
  • 40代半ば以降の方の目もとを若々しく

目の下のたるみ取りとは

下まぶたの睫毛の生え際に沿って皮膚を切開し、余分な皮膚を取り除く手術です。余分な皮膚と眼窩脂肪を切除したのち、丁寧に皮膚縫合をしていきます。
目の下のふくらみ(クマ)取りが眼窩脂肪だけを除去する手術に対して、本手術では皮膚も切除するため、たるみの強い方におすすめです。また過去に目の下のふくらみ取りの手術を受けて、その後皮膚のたるみを気にして、この手術を受ける方が多くいらっしゃいます。

Treatment plan 施術プラン

プレミアム
プレミアムロング

たるみが比較的軽度の方に プレミアム


切開範囲:内眼角〜外眼角まで(白目の範囲まで)

たるみが比較的軽度の方向けのメニューです。まつ毛の生え際から約3mm幅で内眼角〜外眼角まで切開します。

Merit メリット

  • 治療費がリーズナブル
  • 3mm幅ほどの切除ができるため、たるみの少ない人ならしっかり効果を出せる
  • 眼窩脂肪の除去付き

Demerit デメリット

  • 切開範囲が短いため、皮膚を取り過ぎると外反(まぶたが外側にめくれてしまう状態)のリスクがある
  • たるみの強い方は効果が薄い
モニター価格 両目 220,000(税込)
通常価格 両目 330,000(税込)
料金表はこちら

詳細情報

  • 治療時間:約40〜60分
  • 抜糸:5〜7日後
  • 入院:必要なし
  • 治療後の通院:抜糸時
  • 腫れ・痛み:2日〜1週間程度
  • 内出血:1〜2週間程度
  • 傷跡:1〜3カ月程度
  • リスク:左右差、傷痕
  • 洗顔:傷口を避けて当日から(傷口は3日後から)
  • メイク:抜糸の翌日から
  • 入浴:3日後から
  • 洗髪・シャワー:当日から(目もとを濡らさないように)
  • その他:コンタクトは抜糸後から使用可能

たるみの強い方に プレミアムロング


切開範囲:外側は外眼角を超える範囲まで

切開範囲が長く、外眼角を超える範囲まで切開します。そのためたるみをしっかり除去できます。さらにたるみの強い方では5mm幅以上、余分な皮膚を切除することが可能です。1年間の保証付き。

Merit メリット

  • 切開範囲が長く張力が分散するため、皮膚を5mm以上切除できる
  • たるみの強い方でもしっかり効果を実感できる
  • 1年保証付き。手術後3ヶ月経って、まだ皮膚が切除できそうであれば無料で再手術が可能

Demerit デメリット

  • 治療費がやや高額
モニター価格 両目 330,000(税込)
通常価格 両目 440,000(税込)
料金表はこちら

詳細情報

  • 治療時間:約40〜60分
  • 抜糸:5〜7日後
  • 入院:必要なし
  • 治療後の通院:抜糸時
  • 腫れ・痛み:2日〜1週間程度
  • 内出血:1〜2週間程度
  • 傷跡:1〜3カ月程度
  • リスク:左右差、傷痕
  • 洗顔:傷口を避けて当日から(傷口は3日後から)
  • メイク:抜糸の翌日から
  • 入浴:3日後から
  • 洗髪・シャワー:当日から(目もとを濡らさないように)
  • その他:コンタクトは抜糸後から使用可能

Reasons to be chosen 当院の目の下のたるみ取りが選ばれる理由

01

受けやすい
リーズナブルな価格

目の下のたるみ取りは他の目もとの施術と併せて行うことが多いため、受けやすい価格に設定しています。
02

経験豊富
数多くの症例

院長の今村医師は大手美容クリニックで3院の院長を歴任し、これまでに数多くの目の下のたるみ取りの症例経験があります。
03

美容外科専門医
(JSAS)が執刀

院長の今村医師は美容外科専門医を取得しており、顔の解剖学的構造を熟知しています。患者さまに合わせた最適なプランニングと施術が期待できます。

さらに安心してお受けいただくために

  • 事前のカウンセリングでしっかりとご説明を行います
  • 術後の腫れが少ない手術方法を採用しています
  • ていねいに縫合を行い、傷を修正します

Q&A よくあるご質問

施術の痛みが不安です
施術時には局所麻酔を使用するため、治療中の痛みはほぼありません。それでも不安な患者さまには、リラックスして治療を受けていただける「笑気麻酔(鼻から吸う麻酔)」をご用意しています。※オプション
下まぶたは、なぜふくらむのですか?
加齢などが原因で、眼球を支える靭帯がゆるんで眼球が下垂し、眼窩脂肪が圧迫されて飛び出すことでふくらみます。その他には、目の周りの筋肉や皮膚が加齢と共に下垂して目立ってくる場合があります。最近では、スマホなどの見過ぎなどで若い方でも症状が現れるケースが見られます。
メイクやコンタクトレンズはいつから可能ですか?
目の下のふくらみ(クマ)取りは、メイクは翌日から可能です。コンタクトレンズは抜糸後から使用可能になりますので、普段コンタクトレンズを使用されている方は、メガネを用意してご来院ください。 目の下のたるみ取りでは、メイクとコンタクトレンズの使用は抜糸後から可能になります。
目の下のふくらみは再発しますか?
例えば中央だけ脂肪を切除した場合、再発しやすい傾向にあります。再発を防いでしっかりと治療を行いたい方には、3カ所全ての脂肪を切除する「プラチナ」プランもご用意しています。
洗顔やシャワーはいつから可能ですか?
翌日から可能ですが、目もとを濡らさないようにご注意ください。

Flow 施術の流れ

STEP-01 カウンセリング
カウンセリングでたるみやクマの状態を診察し、どのように治療するのかを決定します。
STEP-02 麻酔
施術前には局所麻酔を行います。術後の腫れを抑えるために麻酔量に注意しながら、極細の針で注入します。不安な方には笑気麻酔もご用意しています。※オプション
STEP-03 手術
ほとんど痛みを感じることなく、短時間で施術を受けていただけます。
STEP-04 術後
施術終了後はそのままご帰宅いただけます。5〜7日後に抜糸を行います。術後の腫れや痛みなど、不安なことがありましたら、お気軽にご連絡ください。
pagetop