Treatment
目の上のたるみを取って若々しい印象に
眉下リフト
ROOF切除

About 当院の眉下リフトは

  • 年齢とともに狭くなってきた二重のラインを戻します
  • 目の外側のたるみが強い方におすすめ
  • 目を開くと眉毛が上がるクセを改善
  • 目もとの印象を変えずに若々しく

眉下リフトとは

眉下リフトとは、加齢により伸びてたるんだまぶたの余分な皮膚を切除する手術です。切除する皮膚は重さにするとわずか数グラムですが、まぶたにとっては大きな負担となっているため、ほとんどの方が術後に目の開きやすさを実感されます。また眉下リフトは、額のシワの改善・予防にも効果的です。
眉毛の生え際を目立たないように切開し、余分な皮膚と皮下組織を切除したのち、丁寧に真皮縫合と皮膚縫合を行います。施術直後から傷はあまり目立たず、数カ月するとほとんど分からなくなります。
眉下リフトに加えて、ROOF切除や眼窩脂肪を除去することで、より一層すっきりとしたまぶたを目指すことが可能です。

Treatment plan 施術プラン

プレミアム
プレミアムロング

まぶたのたるみが少ない若い方向け プレミアム


切開範囲:目頭側と目尻側を残した範囲

目頭側と目尻側のたるみが少ない若年者(30代くらいまで)向けのプランです。

Merit メリット

  • たるみが黒目の上に限局している方はしっかり効果が期待できる
  • 最大幅は約5mm程度

Demerit デメリット

  • 目尻側のたるみはあまり取れない
  • たるみの強い方は効果が薄い
通常価格 両目 275,000(税込)
料金表はこちら

詳細情報

  • 治療時間:約40分
  • 抜糸:5〜7日後
  • 入院:必要なし
  • 治療後の通院:抜糸時
  • 腫れ・痛み:2日〜1週間程度
  • 内出血:1〜2週間程度
  • 傷跡:1〜3カ月程度
  • リスク:左右差、傷痕
  • 洗顔:傷口を避けて当日から(傷口は3日後から)
  • メイク:抜糸の翌日から
  • 入浴:3日後から
  • 洗髪・シャワー:当日から(目もとを濡らさないように)
  • その他:コンタクトは手術翌日から使用可能

まぶたのたるみをしっかり除去する プレミアムロング


切開範囲:眉下全体的に切除可能

切開範囲が長く、たるみをしっかり除去できるプランです。1年間の保証付き。

Merit メリット

  • 切開範囲が長く張力が分散するため、皮膚を10mm以上切除できる
  • たるみの強い方でもしっかり効果を実感できる
  • 1年保証付き。手術後3ヶ月経って、まだ皮膚が切除できそうであれば無料で再手術が可能

Demerit デメリット

  • 治療費がやや高額
モニター価格 両目 275,000(税込)
通常価格 両目 385,000(税込)
料金表はこちら

詳細情報

  • 治療時間:約40分
  • 抜糸:5〜7日後
  • 入院:必要なし
  • 治療後の通院:抜糸時
  • 腫れ・痛み:2日〜1週間程度
  • 内出血:1〜2週間程度
  • 傷跡:1〜3カ月程度
  • リスク:左右差、傷痕
  • 洗顔:傷口を避けて当日から(傷口は3日後から)
  • メイク:抜糸の翌日から
  • 入浴:3日後から
  • 洗髪・シャワー:当日から(目もとを濡らさないように)
  • その他:コンタクトは手術翌日から使用可能

Reasons to be chosen 当院の眉下リフトが選ばれる理由

01

受けやすい
リーズナブルな価格

まぶたのたるみで多くの方が適応になる治療であるため、受けやすい価格に設定しています。
02

美容外科専門医(JSAS)
が施術

院長の今村医師は美容外科専門医を取得しており、顔の解剖学的構造を熟知しています。患者さまに合わせた最適なプランニングと、効果的かつ安全な手術が期待できます。
03

他の施術と
組み合わせが出来る

目もとの状態に合わせて「ROOF切除」や「眼窩脂肪除去」、「目の上のたるみ取り」などを同時に行うことで、より一層満足度の高い仕上がりが目指せます。 組み合わせ事例はこちら

さらに安心してお受けいただくために

  • 事前のカウンセリングでしっかりとご説明を行います
  • 術後の腫れが少ない手術方法を採用しています
  • 患者さまの眉毛の状態を見ながら、傷がわからないようにオーダーメイドの切開ラインをつくります

眉下リフトと同時施術におすすめのROOF切除

ROOFは、retro orbicularis oculi fat(直訳すると「眼輪筋の後ろの脂肪」)のことで、「隔膜前脂肪」とも呼ばれます。比較的浅い層にある脂肪のため見た目への影響が大きく、ROOFを切除することで腫れぼったいまぶたが改善されます。
よく混同されがちですが、二重埋没法と一緒に取ることができる脂肪は「眼窩脂肪」と呼ばれるものです。眼窩脂肪はROOFよりも深い層に存在し眼窩隔膜という膜に覆われているため、見た目への影響はROOFほどはありません。眼窩脂肪はとても柔らかく、まぶたを数mm切開するだけで一塊として取り除くことができます。
一方で、ROOFは眼窩脂肪より硬く眼輪筋の裏に面状に広がっており、眼輪筋から引き剥がすように細かく切開していかなければなりません。そのため、広範囲の切開が必要となり、眉下リフトまたは二重切開法のどちらかと組み合わせて行われる手術になります。
眉下リフトとROOF切除の組み合わせは、二重切開法のように目もとの雰囲気を大きく変えることなく、「自然にたるみや腫れぼったさを改善させる治療」として、当院でとても人気の治療となっています。

ご注意
当院ではROOF切除は眉下リフトのオプションメニューとなり、単独での施術は行っておりません。

料金表はこちら

Combination 眉下リフトとの組み合わせ施術

※組み合わせ施術が可能かどうかは、医師が診断します。

厚ぼったいまぶたを改善するなら


眉下リフト

ROOF切除
or

眼窩脂肪除去

まぶたのたるみを極限まで取るなら


眉下リフト

目の上のたるみ取り

目の開きも一緒に改善するなら


眉下リフト

切らない眼瞼下垂・
切開法眼瞼下垂

※ROOF切除は眉下リフトのオプションとなり、単独ではお受けいただけません。

Q&A よくあるご質問

施術の痛みが不安です
施術時には局所麻酔を使用するため、治療中の痛みはほぼありません。それでも不安な患者さまには、リラックスして治療を受けていただける「笑気麻酔(鼻から吸う麻酔)」をご用意しています。※オプション
傷跡は残りますか?
縫合した傷跡は、1カ月程度赤みが残る場合がありますが、だんだんと赤みが引いて2〜3カ月で白い線のようになります。 眉下リフトは眉毛の下を切開するため、傷跡が残っても目立たなくなります。
メイクやコンタクトレンズはいつから可能ですか?
メイクは抜糸後に可能となります。 コンタクトレンズは翌日から使用可能ですが、普段コンタクトレンズを使用されている方は、手術日にメガネを用意してご来院ください。
手術したことが周囲にばれますか?
眉下リフトは「目もとの印象はそのままに、まぶたのたるみを取る」手術ですので、周囲に違和感を与えません。自然な印象のまま若々しくなります。
眉下リフトはどれくらい持続しますか?
皮膚を切開して縫い縮めるため、一生涯持続される方もいらっしゃいます。当院では1年間の保証がついた「プレミアムロング」が、たるんだ皮膚をしっかり切除する施術ですが、まぶたの状態は年々変化していくため、気になる場合はクリニックまでご相談ください。

Flow 施術の流れ

STEP-01 カウンセリング
カウンセリングでお悩みを伺います。事前に医師と患者さまで仕上がりのイメージを共有します。
STEP-02 麻酔
施術前には局所麻酔を行います。術後の腫れを抑えるために麻酔量に注意しながら、極細の針で注入します。不安な方には笑気麻酔もご用意しています。※オプション
STEP-03 手術
ほとんど痛みを感じることなく、短時間で施術を受けていただけます。
STEP-04 術後
施術終了後はそのままご帰宅いただけます。5〜7日後に抜糸を行います。術後の腫れや痛みなど、不安なことがありましたら、お気軽にご連絡ください。
pagetop